◆ 出会いのヒント が見つかります。出会い系サイトを利用するみなさんに、素敵な出会いが訪れますように☆彡

まみまぐ
☆まみまぐ☆トップページ
http://mAmimAg.fc2web.com/
 
Index

メールを続けるには

〜気を抜かないで〜

サイトマップ
Home > 出会いのヒント > メールを続けるには

 さて、続編ですが、出会いサイトで遊んだときの経験談でございます。ためになるかならないか、実話も混ぜながら、今回は自分ネタであります。

実話:ある出会いサイトに登録したばかりの日、☆まみまぐ☆に想像を絶する量のお誘いメールが届きました。大袈裟に言ってるんじゃないんです。なんと三桁!そこは優良サイトだと思ってたけど、こんなに激しい競争かよ!って感じでした。でも☆まみまぐ☆だって女性ですよ「わぁすごぉーい。どんな人からメールが来たのかな?」って浮かれモード120%で受信ボックスを開けて、届いたメールを読み始めたんですが、来るメール来るメール「ヒマなのでメール下さい」とか「よろしく」とか「よかったらメールください」とか「返事待ってます」とかって一言だけ。そのたびに「よろしくない!」とか「よくない!やだ!」とか叫んでいる☆まみまぐ☆の気持ち、ご愛読者様なら、きっとわかってくれるはず。一応、彼らのプロフィールも拝見するんですが、なんでこの人が?っていうのも多いようでした。住んでいる場所も違うのに近くの方待ってます。とか、趣味が全然違うのに趣味の話で盛り上がろう。とか、年上好みです。ってあんた何歳?どう考えたって手当たり次第メールしてるでしょ?って思わざるを得ない人から、いまだにメールが来るんですよ。やっぱり出会い系は進化途中なんですかね。そんな訳わからんメールばっかりだから、あとのメールは読まずに捨てちゃおっかなぁ。って気になってます。まだ未読が50通もあるよぉ。変なメールばっかりだし、もう退会しようかなぁと、あきれちゃってる今日この頃なんです。未読メールの中に、もしかしたら☆まみまぐ☆が激しく惹かれてしまう、めくるめくお誘いメールが入っていたかも知れないのに「訳わからんメール」のせいで運命の赤い糸が・・・

教訓:その波が下火になってきた頃が、ねらい目かも。女性の新規登録のすぐあとでは、あなたのすばらしく魅力的なメッセージが「訳わからんメール」の山に埋もれてしまいます。落ち着いて狙いを定めてくださいね。

 さて、賢明な☆まみまぐ☆愛読者様におかれましては、すでに「自分に興味を持ってもらい、返信してもらう」という 第一段階がクリアできているはずですので、つぎの段階の出会いのヒントです。一通目のお返事を差し上げた段階では、おそらく女性の方も、何人かのメール交換をしている相手がいる場合があります。私☆まみまぐ☆なんかも、気が多いのか、おせっかい(?)なのか、知りませんが、何十人ものメール交換をしている相手様がいらっしゃいます。こうなるとやっぱり、全部のメールの返信をまとめてすることはできないので、今日はこの人で…あとでこの人…という具合のお返事となります。偶然到着時に遭遇して即お返事!ってこともありますが、ある人は5日も放置、なんて状況で、おそらく「返事来ね〜ぞぉ」なんて怒っているかも知れませんので、この場を借りてお詫びしておきます。ごめんね。ここでネタばらしをしちゃうと、今後のプライベートなメール交換に過大な影響を及ぼすことが、必至なんですが、☆まみまぐ☆が、どういう優先順位で返信を書いているかをお話ししちゃいます。

実話:今日もたくさんのメールが来てるなぁ、と思いながら、端から開封していきます。たぶんお名前は見ているようでいないような気がします。見ても覚えてない(失礼、ウソです)。で、ずばり、お返事は、「返事が書きたくなる順」にしていきます。ずいぶんあいまいな、と言われるかもしれませんが、書きたくなるときが一番楽なんですよ。義務感からお返事すると、どうしてもその固さが文章に出てしまいますし、だいいち楽しくありません。前にも話しましたが、楽しくないことはうまくいかないのです。これって、つきあいが長いメル友だからとか、真剣に出会い系で知り合った相手だからとかではいった判断ではなく。もらったメールを開封して、読んで、すぐ返事が書きたくなる気分になるかどうか、という感じで、お返事を書き始めます。なので、早ければ本当に読んだらすぐにお返事を書きます。こういう場合は楽しくて、どんどんと筆が進んでしまいます。逆に、返事を書くのが延び延びになってしまうタイプのメール。それは、返事の書きようがないメールなんです。自分のメールで完結しちゃっている場合、会話にならずに終わってしまします。日記や報告書じゃないんだから、ひとりで完結しないで!それと暗い気分になることばかり書いてくるメール。誰だってイヤなことのひとつやふたつはありますから、たまにはグチってもいいんですが、毎回毎回悩んでるメールを読まされると、こっちまで悩んでしまします。あと、ちょっとしたことですが、件名(メールタイトル)に自分で書いた一言があるとポイントは高いですよ。今の気持ちを一言で書いたり、謎解きみたいに中に何が書いてあるんだろうと思わせる演出などは効果的です。開封前のワクワク感が違います。こういうメールは返信する確率が高くなります。件名をそのままRe:で返す人がいますよね。あれって事務的で☆まみまぐ☆はあまり好きではありません。特に「☆まみまぐ☆からのメールです。」って送ったメールを「Re:☆まみまぐ☆からのメールです。」って返されたら、アナタが☆まみまぐ☆なの?って、なんかヘンな感じですよね。お仕事の場で「件名は変えるな」って教育されているかもしれませんが、ここでのメールも業務命令に従わなくてはいけないメール?ラブレターに会社の便箋使います?

教訓:返信の際には必ず、件名を開封したくなる文言に書き換えましょう。中にあなたのすばらしく魅力的なメッセージが書いてあっても、Re:でそのまま返すと、開く前に手抜きと思われてしまいます。報告書じゃありません。ラブレターなんですよ。

さて、あなたは?

前のページへ       次のページへ
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー